Structure

建物を基本からしっかり維持する耐久性の高い躯体構造。

最高ランクの「劣化対策等級」を取得(予定)。

構造躯体等では「等級3」の劣化対策等級※を取得(予定)(住宅性能表示制度による「設計住宅性能評価」等級)

セキュリティシステム

※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度のことです。※表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる可能性があります。

杭基礎

ボーリング調査で確認した地下の支持層に向けて、コンクリート杭を打ち込み、建物荷重をしっかりと支え、不同沈下などを防ぎます。

杭基礎

二重壁構造

コンクリート壁と木軸の間に隙間を設けて、配線・配管類を敷設する二重壁構造。補修を容易にするための配慮です。

二重壁構造

溶接閉鎖型帯筋

柱の主筋を拘束する帯筋には、溶接閉鎖型帯筋を採用(一部箇所を除く)。横揺れによるせん断破壊を防ぐとともに、地震時に主筋が折れ曲がることを抑制する粘り強い構造となっています。

溶接閉鎖型帯筋

コンクリートの耐久性

コンクリートの水セメント比の最大値を50%とし、住宅性能表示制度の劣化対策等級3を取得予定。酸化による鉄筋のサビ・劣化などを抑制して強度を高めます。

コンクリートの耐久性

ダブル配筋

主要な壁・床は、コンクリート内に鉄筋を2列で配筋し耐震性のみならず耐久性も向上させるダブル配筋を採用しました。(一部除く)

ダブル配筋

コンクリートかぶり厚

コンクリートはアルカリ性のため、空気中の二酸化炭素の影響で中性化していき、コンクリートの中の鉄筋を錆びやすくしてしまいます。そこでその対策として、十分なかぶり厚約30〜70mm(鉄筋を覆うコンクリートの厚さ)を確保し鉄筋を守っています。

コンクリートかぶり厚

二重天井

スラブと天井の間に設備配線や配管を設置するための空間を設け、将来のリフォームやメンテナンスに配慮しています。

二重天井

床構造

約150〜200mm以上のスラブ厚を確保。またフローリングには、ΔLL(Ⅰ)-4等級の遮音性能を持つフローリングを採用しています。(一部除く)

床構造

断熱材

建物外部の環境に対して安定した室内温熱環境を実現するとともに、冷暖房効果を高め、省エネルギーを実現するために、外気に面した壁や屋根に断熱材を施しています。

断熱材

遮音対策

各住戸内の共用排水堅管は、グラスウールの上に遮音シートを巻きつけ、排水音を軽減しています。

遮音対策

フルフラット設計

リビング・ダイニングから居室、水廻りにいたるまで、住戸内の段差を極力なくした、フルフラット設計を採用。つまづきなどによる住戸内での事故防止に配慮し、ご高齢の方や小さなお子様にもやさしい住まいを実現しました。(玄関、バルコニー等は除く)

フルフラット設計

ホルムアルデヒド対策

フローリング材や建材の表面材、壁クロスの接着剤などはすべて、ホルムアルデヒド放出量が最も微量なF☆☆☆☆クラスの物を使用。

ホルムアルデヒド対策

※μg(マイクログラム):100万分の1gの重さ。放散速度1μg/㎡hは建材1㎡につき1時間当たり1μgの化学物質が発散されることを言います。(建築基準法改正による資料先:国土交通省)

住宅性能表示制度

国土交通大臣の登録を受けた第三者機関が「設計・建設」2種の基準で評価した、住宅性能評価書を取得予定です。そのため客観的で公平な評価が確認できます。

住宅性能表示制度

24時間換気システム

浴室換気乾燥機により住戸内の空気を24時間、低風量で換気します。

24時間換気システム

備品や構造、設備にも万一に備えた防災対策。

地震対策機能付エレベーター

エレベーター運転時に強い地震を感知した場合、最寄り階に停止させて扉を開く仕組みです。

地震対策機能付エレベーター

地震対策機能付エレベーター

災害時を想定した防災備蓄倉庫

万一の災害時に、住まう方の生活を一定期間維持する為に必要な備品を備えた防災備蓄倉庫を設置しています。

防災備蓄倉庫

AED自動体外式除細動器(レンタル対応)

使いやすさに配慮された救命装置「AED(自動体外式除細動器)」を装備しています。

AED

熱感知器

住戸内で火災が発生した際には、熱感知機能が検知。インターホンの親機を介して出火を鳴動通知します。

熱感知器

対震ドア枠

避難ルートを確保することで、安全性を向上させています。

対震ドア枠